千眼美子(清水富美加)さんを占います。

女優として順調に見えた清水富美加さん、なぜ急に幸福の科学に出家したのか?運勢が気になったので確認してみました。

千眼美子さんの命式|どんな人??

千眼さんの命式

地支に印星が隠れてます…これが悪さした予感がありますね。月齢を得た大海の人です。喜神の食傷を持っているので、表現の世界は向いてました。芸能界以外で生きていくのは難しい命式ですね。女優はぴったりだったと思います。外見と中身が違う人なので、千眼さん自身そこに葛藤があったかもしれません。強く芯を持ち感覚で生きる人です。

大運の考察|デビューから出家まで。

年度大運干支(右スクロール)出来事
8〜18甲戌丙戌2006 スカウト
己丑2009 自殺未遂
庚寅2010 ミスマガジン
乙未2015 NHK連続テレビ小説で話題に
18~28癸酉丁酉2017 幸福の科学へ出家
28~38壬申
千眼さんの大運

?と思ったのはデビューから2014年まで運勢が良くないということです。良くない中で活躍されていたので本人にとっては辛かったと思います。出家後に出した暴露本に、「事務所からの給料は5万円。食事などの生活費も全部自分で払わなきゃいけなかったから本当に生活できない額で、2014年の途中までは月5万円だったと思います。」とありますので忙しいだけで収入には結びつかず本人は納得できていなかったことがわかります。2015年、木が旺じるとNHK連続ドラマ「まれ」に出演、わかりやすく知名度が上がり、給料もアップしています。

また16歳の誕生日には自殺未遂を起こしたことも書いています。己丑で、喜神の甲が合去し、丑により金が旺じるため苦しかったのでしょう。ここからも身旺ということがわかります。

そして日主壬が合して弱っているところに、大運年運ダブルで酉が来て金旺じ、出家しました。印星は宗教を表しますので命運通りの人生ですね。でも本人が救われたならこれで良かったんだと思います。

まとめ|どうか幸せに生きてほしい。

やはり印が旺じて出家していました。死ぬほど辛い時に救ってくれたのが宗教なら、それで救われているなら出家して正解なのだと思います。暴露本には辛かったことがたくさん書かれているので、これからは幸せになってほしいです。占い的には39歳以降から幸福を掴めそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。