運が良くなる言葉と行動|おすすめ24選

運が良くなるためにはまず「言葉」を大切に。

最近ツイてないな…と不安に思うこと、ありますよね。鑑定ではそんな方には運が良くなる時期をお伝えしますが、すぐにいい時期が巡ってこない方も。

そんな方にはまず話す「言葉を変える」ことをお勧めしています。普段話す言葉には全てに言霊が宿っています。行動より、先に言葉を変える方が簡単ですぐに試せます。運が悪い時期には気力が湧かずなかなか行動することができません。そこで毎日話す言葉をまず変えるのです。

まずは「言葉」から。それから「行動」を変えてみてください

不幸がずっと続く…そんな方にはこちらの記事もオススメ。
不幸が続くのはなぜ?|断ち切る方法

箱舟冬羊

運が良くなる言葉と行動、それぞれ詳しく説明しますので試してみてください。

step.1 運が良くなる言葉を話す【おすすめ13選】

運が良くなる言葉❶「ありがとう」

人に感謝を伝えることで、相手にも自分にも陽の気が巡ります。つまり2倍運が良くなるのです。小さなことでも「ありがとう」と言うようにしてみてください。

運が良くなる言葉❷「お疲れ様」

相手を労うことで、相手は暖かい気持ちになるはずです。それが陽の気が巡るということ。

運が良くなる言葉❸「大丈夫」

こちらは自分にも、相手にも有効な言葉。労いにも鼓舞にも使えて万能です。

運が良くなる言葉❹「うまくいくよ」

もしダメかもと思っても、一度口にしてみてください。言霊に乗せることに意味があります。

運が良くなる言葉❺「運がいい」

もしツイてなくても、必ず口に出して言うようにしてみてください。

運が良くなる言葉❻「幸せ」

こちらも同じ、ポジティブな言葉には陽の言霊が宿ります。

運が良くなる言葉❼「大好き」

恋人や家族に、普段は照れくさくて言えないかもしれません。でも一度言葉に出してみてください。

運が良くなる言葉❽「ただいま」「おかえり」

挨拶は最強の言葉です。まずは家族に、恋人に。運が悪い人は必ず挨拶が疎かになっています。

運が良くなる言葉❾「おはよう」

こちらも、同僚やご近所さんにも、伝えるように心がけてください。

運が良くなる言葉⓫「なぜだろう」

こちらは意外な言葉かもしれませんが、小さなことに疑問を感じて過ごしてみてください。「幸運」「不幸」にも理由があることがわかるはず。

運が良くなる言葉⓬「かなしい」

こちらも意外な言葉ですが、不運な方には「辛いことを辛い」といえない人が多くいます。身近な人に、まずは気持ちを伝えてみましょう。

運が良くなる言葉⓭「きっと」

「きっと」に続く言葉には、希望が詰まっています。きっと良くなる。きっと晴れる。「きっと」を言葉に付けるだけで希望の言葉に変わります。落ち込んだ時は口に出して試してみてください。

箱舟冬羊

あなたはこの中でいくつの言葉を普段から使っているでしょうか?

どれも簡単な言葉ですね。普段から話す言葉を変えることができたら、次は行動を変えましょう。まず言葉が変われば、行動を変えることも必ずできます。

step.2 運が良くなる|言葉を変えたら行動しよう

01.コンビニご飯をやめる

もしコンビニのご飯を3食食べているなら、今すぐやめましょう。カップラーメンや冷凍食品も同じです。「食」には五行が宿っており、食べることで気を養います。

コンビニ、カップラーメンなどの食事は便利ですが作ってから時間が経っており、「気」が抜けています。できるだけ自炊して野菜や米を取ってもらいたいのですが…運気が落ちているときには自炊をする気力もないものですよね。

そんな時は、焼き芋か、バナナか、ゆで卵を食べてください。どれも調理しなくて良いし(ゆで卵は茹でますが)スーパーに売っていて比較的に安価なはずです。

また、米が炊ける環境にある方は米を炊いて食べてください。米は風水でが高次な食べ物とされています。おかずはなしで、卵かけご飯でOKです。コンビニのご飯から上記の食べ物に変えるだけで、かなり五行の「気」を養えます

02.夜お風呂で湯船に浸かる

お風呂は風水において、かなり重要です。できれば毎日入って「禊ぎ」をしてください。お風呂は現代で言う禊ぎです。昔はお坊さんが山で修行する際に必ず体を清めてから行いました。

同じように、私たちは日々色んな人や出来事に触れ濁っていきます。それを夜毎日風呂に入り清めるのです。

できれば塩と日本酒を風呂に入れて浸かるのがベストです。塩は何でもいいし、日本酒もスーパーで安く売ってるパック酒でOK。古くから日本では塩や日本酒は汚れを浄化する効果があると信じられてきました。

また、筋肉を緩めてリラックス効果があり比較的安価な塩化マグネシウム(ニガリ)を入れるのも非常におすすめです。エプソムソルトのような感じで、入れても風呂は無色透明ですが寝付きが良くなる効果もあります。

03.部屋を片付ける

運気が落ちているときは部屋が散らかりがちになりますが、なるべく掃除を心がけてください。

もしそんな気力もなければ家事代行サービスを使うのも手です。もしくは友人や家族に頼んで片付けてもらうのもいいでしょう。それが難しいなら、何も考えず一旦物置やクローゼットに部屋のものを入れて見える部分だけでも物を減らしましょう

部屋が散らかっていると気の流れが悪くなり空気が淀みます。「運気」と言うのは気が運ばれるもの、運ぶ通路を確保しなければ運気はあがりません。

04.朝と夜窓を開ける

運気は気の流れであり、風の流れでもあります。窓を毎日開けて部屋に風を流してください。窓が隣の建物の壁で埋まっている、もしくは窓が小さいなど問題がある場合は扇風機をつけるようにして下さい。朝、夜寝る前15分でもいいです。とにかく部屋の空気を動かすのが重要です。

どうしても窓を開けられない人は空気清浄機を導入するのも効果があります。空気が良くなると確実に運の流れは変わってきます。

05.散歩をする

本当は運動と書きたかったのですが、運気が落ちていると気力が湧かないですよね。難しい方は、朝10分でもいいので散歩に出てください。できたら夜よりも14時までが望ましいです。毎日が厳しければ天気がいい日だけでもOK

体を動かすことで体内の気の巡りを良くします。運気が悪いと言うことは、脳の働きが落ちている状態に等しく、動かなければ悪化します。血と気を巡らせて運気を活性化させましょう。

散歩ですが、もしできれば「吉方位」に散歩に出てみてください。吉方位とは移動すれば運気が上がるとされている方角のことです。ツイッターのアカウントで吉方位を毎日呟いていますので、時間帯を合わせて散歩に出てみるとただ進むより確実に運気が上がります。よければここから参考にしてもらえたら幸いです。(フォローしなくても見れます)

>>Twitter

ただややこしくて実践できないという方はいつでもどこでもいいのでとりあえず散歩しましょう。また、どうしても外に出たくない方は散歩の代わりに任天堂「リングフィット」もおすすめです。ゲーム感覚で楽しみながら運動ができます。運動の前後にストレッチも組み込まれていますし、ヨガも覚えられてかなり満足度は高いです。

06.アロマやお香を炊く

お坊さんもお経を上げるときお香を炊いていますよね?香りには空間浄化の効果があります。最近はおしゃれなお香も売ってますので是非お香を炊く習慣を身につけてもらいたいです。

また、お香ですが香りのほかに煙が出ると言うことも重要で、煙もまた空間の浄化作用があると考えられています。下リンクのお香は香りも良くデザインもおしゃれで何よりお香自体がマッチになっているためライターを使わなくても良いので重宝しています。おすすめです。

ただお香の香りが苦手な方もいらっしゃるので、そんな方にはアロマディフューザーをおすすめしています。無印良品のものがちょうどよく手に入りやすいためおすすめ。私はペパーミントの香りを愛用しています。

07.1人で遠くへ行く、自然と触れ合う

日帰りでも泊まりでもいいので少し遠出してみてください。できるだけ行ったことがない場所がいいですね。また都会よりは自然が多い場所に出かけてください。海か森林、山などですね。そこで土か浜辺を裸足で歩けるとより良いです。

都会にいると体に電気が貯まるため自然の中で定期的にアーシングをすることにより気が巡り安くなり運気が上がります。海へ向かう方は海水に少し足をつけるとより効果的です。知らない場所で自然を見ながらボーっとしてみてください。

08.毎日8時間睡眠をとる

睡眠は運勢において非常に重要です。気は睡眠時に吸収されます。できれば寝具をまめに洗濯し、ベットを毎日整えて、マットレスは上質なものを使って寝ることが望ましいです。運気を上げるためには、部屋の中で一番に寝具に投資してください。

良質な睡眠を得るために、GABAのサプリを飲んで寝るのがおすすめです。起床時に寝覚めがスッキリします。またハーブティーも寝る前に飲むとよく眠れるのでおすすめ。他にもヤクルト1000を飲むと良く眠れるようです。また、明かりをつけて眠る人もいますが、睡眠時には部屋を真っ暗にして眠るのがおすすめです。

09.テレビより本を読む

暗いニュースを見たり聞いたりすると、気力が下がりますよね。テレビをつけると情報に対して受け身になるのでで、できるだけ見ないようにしてください。運気が下がっているときに悪い情報をインプットするのは望ましくありません

できれば本を読んでください。中国では「運は知でもある」と言われています。知識があれば不運を乗り切ることができると言うことです。また本にはストレス値を下げるのにも効果的です。

10.神社に行く

できれば地域の氏神様がいいのですが、小さい頃から通っている神社やお気に入りの神社があればそこでもOKです。参拝する場合は必ず「住所、氏名、ご挨拶」を忘れないようにしてください。

神社に行く前に読んでほしい、参拝の仕方や服装についてはこちらで解説しています。
神頼みのコツ|正しい参拝方法>>
お参りの服装|これは絶対NG>>

またお願いをする場合は、できれば奮発してお賽銭を入れたほうが良いです。ただお札だと賽銭箱に入れた時、神様に音が聞こえないのでできれば小銭で1000円〜ほどお賽銭できれば効果的です。(もちろん厳しい方は五円でも◎)

またその神社にどんな神様がお祀りされているのか、下調べをして出かけるのがベターです。神社は神様の住むお家だと考えてもらえればわかると思いますが、挨拶もせず神様が誰かも分からずいきなりお邪魔して願い事を言って帰るのは無礼な気がしますよね。

ちなみに悪縁に悩まされている方は京都の縁切り神社がおすすめです。

縁切り神社に行ってはいけない【これだけは守って!】

11.身につけるものを新調する

新しいものには、新しい運気が宿ります。思い切って服や靴や財布を新調してみましょう。できれば擦り切れたものやぼろぼろになったものは捨ててください。断捨離です。

特に運気に影響があるものが、タオルと寝巻きと下着です。もし何年も使っているなら思い切って手放しましょう。新しい運気が入ってくるはずです。

運が良くなる言葉と行動 まとめ

いかがでしたでしょうか?運が良い方というのはある程度共通した言葉・行動を持っています。また、運が悪い方も同様です。「#運が良くなるコツ」を知って、少しづつ行動を変えていきましょう。

箱舟冬羊

全て実践できなくてもいいので、できることから始めてみてください。まずは8時間睡眠がおすすめです。